しんみ歯科石神井台

しんみ歯科

ドクター紹介

Doctor

院長紹介Director

金田 一高

数ある歯科医院の中から、当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
しんみ歯科石神井台院長の金田と申します。

開院以来、来院された患者様から
“しんみさんでもないのに、なぜしんみ歯科なの?”
というご質問を多く受けます。
私は歯学生の時、小学生以来の久しぶりの歯科治療を受けました。
上あごにある親知らずの抜歯でした。(歯科医療従事者間では、すごく簡単な処置だと思われています。)
座学ではありますが、何をされるか、どの程度の痛みか知っていました。実際の処置も予想とおり、すぐに終わりましたが、私が極端の痛がりだったためか、術後、顔面蒼白でフラフラになりました。
極度の緊張から、いわゆるデンタルショック(脳貧血様発作)を起こしたのです。
処置をしてくださった先生の驚きぶりは今でも覚えています。

その経験から、自分が治療する側になったら、自分のように歯科治療が苦手な患者様にも多いだろうから、患者様の気持ちの寄り添った治療をしようと決めました。

気概だけ持っていても、技術が伴わなければ患者様の希望に応えられないと思い、患者様の様々な悩みを解決できる歯科医師になるようにと、インプラントを専攻していましたが、大学院在籍時や勤務医の間は、一般歯科診療は勿論のこと、インプラント以外の専門性の高い根管治療や矯正などの治療技術の習得にも励みました。

そして培った経験を活かして練馬区石神井台に開院する際は、患者様を思いやり、一口腔単位で治療にあたる“口の総合医”として、地域歯科医療に貢献したいと考えました。
その実現のために、医院名に“しんみ”を掲げました。

患者様が、自分の家族から治療を受けていると思えるような、“しんみ”な歯科治療サービスを提供して、皆様のお口の健康を通じ、全身の健康管理をサポートしていきたいと考えております。

院長金田 一高 (かねだ かずたか)

略歴

  • 東京都立青山高等学校 卒業
  • 国立東北大学歯科部 卒業
  • 国立東京医科歯科大学大学院
  • インプラント・口腔再生医学博士課程修了

資格

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医資格(厚生労働省認可資格)

診療理念Concept

患者様を
自分の家族のつもりで
診療する。

お口の悩みは様々で、治療法も多種多様です。
歯だけをみたら、治療法に正解があるかもしれませんが、年齢やライフステージを考慮すると、正解があるとは限りません。
“自分の家族なら、または自分だったらどうするか…”
処置をする自分たちが納得できる治療を提供したいと考えています。
そのために、使用する器具の徹底した衛生管理はもちろんのこと、治療する歯の状態を映し出す口腔内カメラやCT・レーザー・口腔内スキャナなどの最新機器を揃え、皆様が納得して治療を受けられる体制を整えております。

自分がして欲しくないことはしない。
自分がして欲しいことをする。
そして期待以上の
歯科治療サービスを提供する。

私たちは歯科治療というサービスを提供する側ですが、普段はサービスを受ける側です。
“いい応対だなあ…”
感心する時もあれば、
“こうしてくれたらいいのに…”
そう感じざるを得ない時もあります。
私がサービスを受ける際に感じることは、患者様が当院で歯科治療を受ける際に感じることです。
飲食店やその他のサービス業と違い、専門性が高く、患者様ご自身でその良否が判断しにくい歯科医療ですが、その本質は他のサービス業のそれと同じと考えます。
“自分がして欲しくないことはしない。自分がして欲しいことをする。”
サービスを提供する側として、まずこの本質をしっかり守る事が大事と考えます。

また歯科医院はただでさえ運ぶ足が重くなる場所です。
そんな場所にお越し頂いた患者様を思いやり、患者様が期待する以上の歯科治療サービスを提供して、
“また何かあったら、しんみ歯科に行こう”
そう思って頂ける医院を目指しています。

むし歯、歯周病、矯正、
外科、補綴、咬合に
精通している総合医として
歯科医療に貢献する。

医科ではそれぞれの医師の診療科が、内科や外科、眼科や耳鼻科のように専門に分かれていることが当たり前ですが、歯科は“口腔”という小さな単位の中で起きている病気を対象にしています。
“同じ歯科医師がむし歯を診断・治療しながら、矯正治療を行う。”
“歯周病に罹っている残存歯の状況を加味した、将来性のある理想的なインプラント治療を行う。”
“咬み合わせをしっかり確立する事を前提とした親知らずの診断を行う。”
患者様の口の中で起きていることに対して、同じ歯科医師が責任をもって、予知性のある診断、治療を行うことこそが、患者様にとって最良になると考えております。