しんみ歯科石神井台

しんみ歯科

診療案内

Medical guidance

むし歯治療Caries

むし歯の原因

むし歯

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)は糖分やタンパク質を分解します。それによって排出される酸などが、歯の組織であるやカルシウム、リンなどの成分を溶かします(脱灰)。これがむし歯の原因となります。

歯みがきをしていなかったり、甘いものをたくさん食べているのにむし歯がない人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働き(再石灰化)を持つ「だ液」の力が強い人です。

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。
1.歯質
歯質は一人一人異なり、むし歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
2.細菌
口の中には腸内細菌と同じように約700種・約1000億個(個人差がございます)以上の細菌が住んでいると言われています。口内フローラと呼ばれ、様々な細菌が口の中で細菌叢を作っています。たくさんの種類の中でストレプトコッカスミュータンス菌がむし歯の原因菌とされています。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生し易いです。エナメル質には神経が通っていないので、ほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、象牙質には神経が通っているので冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。この頃になると歯の神経は腐っているので痛みは感じなくなります。また、そのまま放置すると根幹が腐り始め歯の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中で細菌が繁殖して膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を起こして腫れて痛みだします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

審美歯科Cosmetic dentistry

審美歯科

審美歯科とは、歯の美しさに重点に置いた総合的な歯科治療のことです。

単に歯をきれいにするだけでなく、長期に渡って機能させることも目指して治療をおこないます。

美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

ホワイトニングWhitening

ホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄色くなっている歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする。歯にやさしい審美治療です。蓄積した着色を漂白し、あなたの歯本来の白さを取り戻します。
より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を健康な状態にしてからホワイトニングを行います。

こんな悩みがあれば、お気軽にご相談ください

  • 歯を白くしたい
  • 詰め物やかぶせ物の変色
  • 歯茎の黒ずみを解消したい
  • 笑った時に歯茎が出るのが気になる
  • 笑った時に銀歯が見えてしまう
  • 歯の隙間や形状が気になる

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、クリニックで行うホワイトニングです。短い時間で歯を白くできるので、即効性に優れています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングです。
歯科医院で「マウストレー」を作成し、ご自宅でそのマウストレーに薬剤を入れて行います。少しずつ白くなっていくので白さを実感するのに2週間ほどかかりますが、オフィスホワイトニングより歯の白さを長く保つことができます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する治療です。費用はかかりますが、はっきりとした白い歯にすることができ、歯の白さを長期間保つことができます。

クラウン(被せ物)Crown

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミック オールセラミック
特徴

セラミック(陶器)でできたクラウンです。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・変色しない
  • ・金属を使用しないため金属アレルギーを起こさない
デメリット
  • ・過度な力が加わると割れることがある、歯の土台が金属だと適応がない
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
  • ・噛む力が強い方には装着できないことがある
ジルコニアボンド ジルコニアボンド
特徴

中身をジルコニアで作り外側にセラミックを貼り付けたクラウンです。

メリット
  • ・天然歯のように透明感がある自然な白さ
  • ・変色しない
  • ・金属を使用しないため金属アレルギーを起こさない
  • ・土台が金属でも適応できる
  • ・オールセラミックのように割れにくい
デメリット
  • ・天然歯より硬く周りの歯を傷つけることがある
メタルボンド メタルボンド
特徴

中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。

メリット
  • ・中身が金属で作られているため耐久性がある
  • ・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
  • ・使用する金属の種類によっては、金属アレルギーを起こすことがある
ラミネートべニア ラミネートべニア
特徴

歯を少しだけ削ってセラミックの薄い板を張り付けます。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・クラウンをかぶせるよりも削る部分が少なくて済む
  • ・治療期間が短い
デメリット
  • ・むし歯や歯ぎしり、かみしめが強い場合は適用できない
  • ・健康な歯を削る必要がある
PGAクラウン PGAクラウン
特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウンです。(貴金属含有量70%以上)

メリット
  • ・金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
  • ・口の中で錆びにくいので、歯がむし歯になりにくい
デメリット
  • ・金属部分が目立つ

クラウンの種類(保険適用)

硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
特徴

レジンという歯科用プラスチックで作られたクラウンです。

メリット
  • ・保険適用である
デメリット
  • ・適応できる部位が決められている
  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感・ツヤが無い
  • ・変色する
  • ・吸収性があるので、中身の歯がむし歯になり易い
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
特徴

中身を金属で作り、見える部分にレジン(歯科用プラスチック)を張り付けたクラウンです。

メリット
  • ・色が白い
  • ・中身が金属なので強度がある
  • ・前歯~犬歯であれば保険適用である
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・変色する
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
  • ・天然歯のような透明感・ツヤが無い
12%金銀パラジウム冠 12%金銀パラジウム冠
特徴

いわゆる銀歯で、主成分が銀(約60%)でできたクラウンです。

メリット
  • ・金属なので強度があり、どの歯にも使える
  • ・保険適用である
デメリット
  • ・金属部分が目立つ
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
  • ・口の中で錆びにくい。貴金属が12%のみ含まれているのだけなので、再治療が必要となります。
CAD/CAM冠 CAD/CAM冠
特徴

ハイブリッドセラミック(セラミック・レジンを混ぜた材料)ブロックを削り出して作成されるクラウンです。

メリット
  • ・保険適用である
デメリット
  • ・4番5番、割れやすい。

根の治療Root canal treatment

根管治療は、むし歯が進行して歯の表面のエナメル質・象牙質を溶かし、最終的に根管に届くとその中の神経を侵してしまいます。
根管全体にむし歯菌の感染が広がり、症状が悪化すると歯を抜く(抜歯)しか選択肢がなくなってしまいます。そのため、定期検診でしっかりと予防していくことが大切となって来ています。

治療の流れ
1
1

むし歯の進行が進み、神経にまで菌の感染が達しているような重度の場合には【根の治療】が必要です。

2
2

専用の器具を使って神経の一本いっぽんを丁寧に掃除していきます。
根管内はとても細くて湾曲しており、さらに暗くて見えにくいため、専用のリーマー・ファイルという器具を使います。

3
3

神経を取り除き、洗浄液で根管内を殺菌洗浄していきます。その後に歯科用セメントを注入し、隙間なく無菌状態にします。※セメントにも殺菌効果があります。

4
4

セメントが固まったら、根管の入り口を封鎖して、むし歯菌の感染リスクを減らし、最後に被せ物を装着させて治療完了となります。