しんみ歯科石神井台

しんみ歯科

診療案内

Medical guidance

インプラントDental implant

インプラント

インプラント治療とは、むし歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効です。

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

他の治療法との違い

インプラント インプラント
治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • ・保険診療適応外である
  • ・治療期間が長い
  • ・インプラントを埋め込む手術が必要になる
ブリッジ ブリッジ
治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・歯の治療のみで歯を補える
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要があり、支えとなる歯の寿命が短くなる
  • ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感があることが多い
  • ・ご自身の歯の時と同じように噛めない
総入れ歯 総入れ歯
治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • ・取り扱いが容易である
デメリット
  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。

治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨移植手術を受ける必要があります。

治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。

入れ歯Denture

入れ歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを支えにする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

入れ歯の種類Type

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。金属を使用した入れ歯の中で一番軽く薄くなります。

シリコンの入れ歯
シリコンの入れ歯

土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

光学印象採得についてOptical impression

修復物(詰め物・被せ物)、マウスピースなどを製作する際には、通常型取りが必要です。
粘土のような歯科材料を歯に押し当て、それが硬化したら取り外す、というのが従来の方法ですが、気持ち悪くなってしまい、苦手な方も多いのではないでしょうか。
そこで、しんみ歯科では、患者様の負担を少しでも軽減するために、口腔内スキャナと呼ばれる最先端医療機器を導入しました。

従来の型取りの方法

1
粘土のような歯科材料での型取りをします
  • 時間の経過とともに材料が収縮してしまう
  • 水や熱に弱く変形を起こしやすい
  • お口の中から、外す際に歪みが生じてしまう 
2
採った型に石膏を注ぎ、模型を製作します
  • 石膏が固まる際に収縮が起きる
  • 水や衝撃に弱い
3
模型から修復物を製作します
  1. 1.作業用模型を製作作業用に模型を削ったり、下準備を行ったりします。
  2. 2.ワックスアップ最終的に作りたい形態を、ワックスを使って再現します。
  3. 3.埋没②で作ったワックスを金属に置き換えるための作業です。
    ワックス部分を高温で焼却したり、金属を流し込んだり、複数工程の作業が必要です。
  4. 4.研磨できあがった修復物を磨いて完成です。
  • 技工所まで移動する際の破折のリスクがある
  • 工程を重ねることで誤差が生じる
4
できあがってきた修復物を患者様のお口の中で調整・装着をします

上記の方法で、通常修復物を製作していきますが、デメリットも多く、患者様に再度型取りをお願いせざるを得ないこともあります。
そこで導入したものが、光学印象という方法です。

患者様の歯科治療での負担を少しでも軽減するために

口腔内をペン状の細いカメラでスキャンし、コンピュータ上で立体的に解析することで、従来の方法より、精度の高い修復物や装置の製作が可能になりました。
粘土のような歯科材料をお口の中に入れる処置がないので、型取りが苦手な患者様のストレスが大幅に軽減できます。
また、石膏操作や技工所での段階別の作業も必要ないので、誤差も生じにくいです。

精度の高い修復物は、その歯の再感染・再治療のリスクから守るために、とても有力だと言えます。

精度が低く、歯と修復物との間に隙間や段差があると、そこから細菌が繁殖し、再び治療が必要になってしまいます。

光学スキャンでの型取りの方法

1
お口の中をスキャンする

何千枚もの画像をつなぎ合わせて解析します。
撮影を行うだけなので、変形や収縮を起こすなどの心配がありません。

2
データを技工所へ送信する

データを送るだけなので、模型が破折してしまう心配がありません。
また、模型到着を待つ必要がなく、製作にすぐに入れるため、時間も短縮できます。

3
できあがってきた修復物を患者様のお口の中で、必要があれば調整・装着

ご自身のお口の中の状態を知るきっかけになってほしい

光学スキャナを修復物製作のためだけに利用するのではなく、しんみ歯科では、患者様に視覚的な情報手段としても提供しています。
私たちが普段、自分のお口の中を見ることができる部分は限られています。
自分の歯の裏側はどうなっているのか、歯石や着色の存在、全体の歯並びなど、光学スキャナを利用し、3D画像として再現できるので、今のご自身のお口の中の状態をイメージしやすくなります。

矯正シミュレーションも行っています

光学スキャンをし、矯正のシミュレーション相談を行っています。
「矯正をしてみたいけど、どのくらい期間がかかるのか?」
「矯正をしてみると、自分の歯並びはどれくらい変化するのか?」
ゴールが分からないと、スタートをすることはとても不安なことだと思います。
矯正は他の歯科治療と比べても、期間が長くかかるものです。

そこで、しんみ歯科では、矯正治療に興味がある患者様に、矯正シミュレーション相談を無料で実施しています。

どのような歯の動かし方をし、どのような歯並びになり、大体どのくらいの期間が必要なのか、ということを、担当歯科医師がシミュレーション動画を元にご説明いたします。