しんみ歯科石神井台

しんみ歯科

診療案内

Medical guidance

親知らずWisdom Tooth

親知らずについて

私たちの歯は、乳歯という子どもの歯から、永久歯という大人の歯へ生え変わります。
人によっては、生えてくる8番目の歯が親知らずです。
親知らずが生えてくる時期は、大体10代後半~20代前半が一般的と言われています。
親知らずが全てある場合は、左右上下に各1本ずつ、合計4本生えます。

  • 他の歯と同じ方向に生えてくる方
  • 斜め、横向きに生えてくる方
  • 歯肉から頭を出さずに、顎の骨の中に埋まったままの方
  • 親知らずがもともと作られずに生えてこない方

このように、生えてくる本数や、生えてくる方向などが様々な親知らずですが、まずは、ご自身のお口の中の状態を知ることが大切です。
「生えてこないから大丈夫」
と思っていても、実は顎の骨の中に埋まっていた、なんてこともあります。
ご自身のお口の中の状態を知るために、レントゲン撮影など、定期的・継続的な検診が重要です。

様々な親知らずの生え方と、起こりうるトラブルについて

他の歯と同じ方向に生えている親知らず

他の歯と同じように、まっすぐ生えている親知らずで、噛み合う歯も存在し、ご自身でのケアがしっかりとできている場合は、そのまま抜かなくても問題ないことが多いです。

斜め・横向きに生えている親知らず

他の歯とは違い、斜め・横向き・歯肉が被っている場合は、汚れが溜まりやすく、歯肉の腫れ・歯周病・むし歯の原因になります。
また、手前の7番目の歯を支えている顎の骨が減ってきてしまうなどのトラブルが起きる可能性が高いです。

汚れが停滞しやすく、磨きにくいと、歯垢や、細菌が増殖してしまい、親知らずの周りの歯肉が炎症を起こし、腫れたり、出血してしまうのです。(=智歯周囲炎)
この智歯周囲炎が、さらに悪化すると、痛みが増大し、お口が開けにくい、頬が腫れてしまうというような症状も出てきてしまうこともあります。
また、口臭の原因にもなります。

他にも、手前の歯を押してしまうことで、歯並びが変化してくることもあります。

このように、親知らずが生えていることで、お口全体のトラブルが起きてしまう場合は、親知らずを残しておくことのデメリットの方が多いと考えられます。
抜歯をおすすめすることが多いです。

他のケースでは、将来的に欠損してしまう可能性がある奥歯があった場合、矯正もしくは移植という形で使用できる可能性があるので、残しておくことがあります。

親知らずの抜歯の前に必要となりうること

抗生剤の服用をお願いすることがあります。

抜いたほうが良いと判断された親知らずで、炎症やお痛みが強く出ている場合、抗生物質を服用していただき、症状が軽減してからの処置をおすすめします。
炎症や痛みがある状態での抜歯は、麻酔が効きにくいだけでなく、術後のお痛みも強く出てしまうため、おすすめしません。

CTを撮影し、顎の骨や親知らずの状態を三次元的に確認することがあります。

上の親知らずの近くには、上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる空洞があります。
親知らずの状態によっては、上顎洞を守る膜を傷つけ、蓄膿症など鼻の疾患を引き起こしてしまう可能性があります。

下の親知らずの近くには下歯槽神経(かしそうしんけい)と呼ばれる大きな神経が通っています。
この下歯槽神経は、下の顎の機能に必要な大きな神経です。
抜歯の際に、この神経を傷つけてしまうと、顎に麻痺が残ってしまう可能性があります。

しっかりとした診断、安心・安全な処置を行うため、2次元画像のレントゲンだけではなく、3次元画像のCT撮影をすることで、明確な状態の判断ができ、リスクを最大限予防することができます。

ほかの歯の代わりとして活用することはあるか、事前に歯科医師と確認する。

割れている歯や、状態の悪い奥歯はないか?
その歯の代わりとして機能させることはできるか?

抜いてしまってからでは戻すことはできません。
抜いてしまう前にこの先の可能性やリスクを総合的に判断し、処置を決めていくことをおすすめします。

上の親知らずの抜歯

一般的に上の親知らずは、比較的まっすぐ生えていることが多く、抜く際の負担は下の親知らずよりも少ないです。
しかし、上の1番奥の歯なので、角度によってはかなり頬の粘膜が引っ張られることがあります。
抜いた傷口に食べ物が入る心配も下に比べて少ないので、傷口の状態が悪くなければ、縫わずに終わるケースも多いです。

※抜く際の歯の状態によっては、縫うこともあります。

  • 麻酔
  • 抜歯
  • 止血(必要応じて縫うことがあります)

下の親知らずの抜歯

下の親知らずは比較的斜め生えていたり、埋まっていたりすると、抜くのに負担が大きいケースが多いです。
半分程度しか頭を出していない状態で歯肉が被っているケースも珍しくありません。
下記は1例として、歯が半分程度しか出ておらず、斜めに生えてしまっている方の抜歯の方法です。

  • 麻酔深い場所に歯がある場合や、麻酔の効きが弱い方は、通常の麻酔以外に伝達麻酔(大きな神経の近くへ麻酔薬を注入するブロック注射の様なもの)を用いる場合があります。
  • 切開埋まっているまま歯を引き抜くことはできないので、まず歯肉を切開して歯の頭を露出させます。
  • 分割斜めに生えてしまっている親知らずが、手前の12歳臼歯に当たっている場合、まっすぐ引き抜くことはできないので、歯冠を切除し、歯を分割します。
  • 抜歯
  • 止血
  • 縫合下の歯は、処置の大きさに比例して傷口も大きなことが多く、食べ物が詰まりやすいため傷口が開きやすいので、縫って傷口を塞ぎます。
  • 抜糸(処置から1週間後)

どの処置をしたときも同様ですが、抜歯の際は麻酔をしますので、なるべく麻酔が切れてから、ご飲食等、通常の生活を再開することをおすすめします。

移植Transplant

歯の移植について

歯の移植について

再生療法の一種でむし歯、歯周病、歯の破折などの理由で抜歯しなければいけなくなってしまった場所に、健康な親知らず・生え方が異常などの理由で不要な歯を移植する方法です。
欠損してしまった部位にインプラントやブリッジ、入れ歯などの人工物ではなく、自分の歯を用いて補う方法です。
歯根膜を介在して骨に定着するため、ほかの歯と相違ない噛み心地が得られ、自分の組織を移植するため、異物反応(金属アレルギーなど)がありません。

移植のメリット

移植のメリット

欠損してしまう歯を補う際に、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がなく、入れ歯のような違和感がなく使用できます。

歯と骨の間には歯根膜という組織があり、直接骨と結合しているわけではありません。
そのためインプラントと異なり、今までと同じようにな噛みごこちなど、機能的に前の歯と同じように使用することができます。
自分の歯を使用するため、アレルギーがないです。

※移植後の被せものの種類によってはアレルギーが出る場合があります。

移植のデメリット

抜く歯が、歯周病や根尖病巣(神経感染によって骨の中にできる膿の袋)など、骨に影響している状態だった場合には、移植が困難になることがあります。
移植後に歯が定着するまで(歯根膜の再結合)に時間がかかってしまう、もしくは定着しなかった場合、歯根膜腔から感染し、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。
一時的に移植された場所と移植歯を抜いた場所で傷口が2か所できてしまいます。

治療できる条件が限られています。(移植の注意点参照)

移植の注意点

移植の条件
  • 不必要な歯があること
    保険でできる条件は、移植できる歯が「親知らず」か「埋伏歯」と決まっています。
    また、移植する場所に歯が残っていることが条件となっています。
    すでに抜かれてしまって、もともと歯がない場合は、保険外となります。
  • 移植される歯がおおよそ健康な状態であること
  • 欠損する場所の歯の形態と移植歯の形態に大きな相違がないこと
    歯周病になっていない、神経や周辺組織が膿んでいない。
  • 移植される場所に十分な骨があること
  • 患者様の年齢がある程度若いこと(再生力がある)

どんな患者様、歯でも移植できるわけではありません。
歯のサイズ、根の形態(長さ・曲がり)、移植場所の骨の状態、移植前の歯の状態(虫歯・歯周病細菌感染など)総合的な判断で移植ができるかどうか決まります。

※そのため、移植前にはレントゲン撮影、歯周病検査、CTの撮影が必要になります。
治療後は、細菌感染や、噛み合わせなどでの外的損傷を防ぐ必要があり、術後のケアがとても重要になります。

移植処置の流れ

1術前検査

レントゲン(場合によってCT)を撮影し、移植対象歯や周辺組織の状態を確認します。

移植処置
  • 麻酔
  • 抜歯移植対象歯の抜歯 → 移植される所の抜歯

    歯の移植について

  • 骨・歯の整形移植される場所の骨の形を移植する歯の形に合わせて調整します。
    移植する歯は対合する歯との噛み合わせに合わせて調整します。
  • 移植形成が完了した歯槽骨に移植歯を埋入します。
    自由診療…移植歯の歯根表面に組織再生療法を行い、歯槽骨、歯根膜の再生を促進させます。(リグロスもしくはエムドゲインを塗布)

    ※リグロス…組換え型ヒトbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)生体内に存在し細胞の増殖や分化の調節を行っているタンパク質の一種

    ※エムドゲイン…豚の歯胚組織から抽出したタンパク質

    移植

  • 固定・縫合歯肉を縫合し、隣在歯にワイヤーと接着剤で歯を固定します。

    固定・縫合

2抜糸
(移植処置から
1~2週間後)
傷口の状態に合わせて抜糸の時期は変わります。
ワイヤーはまだ外しません。
3固定装置除去
(移植処置から
1~3か月後)
歯の動揺や周辺組織の炎症状態によって時期は前後します。
4移植歯の根管治療
(移植処置から
1か月後)

歯の内部の神経は再生しないため、歯が定着したら神経治療を行います。
固定装置が除去されない状態で行われる可能性があります。

移植歯の根管治療

5仮歯作成

高さや歯の大きさはどの程度が良いかを仮歯で調整していきながら、噛んだ時の痛みなどの症状の確認をしていきます。

仮歯作成

6被せもの作成・SET

神経治療完了後に歯の保護のため、被せものを付けます。
保険治療の場合は銀歯、自由診療の場合はセラミック、ジルコニア、金歯からお選びいただきます。

被せもの作成・SET

7経過観察
定期健診で歯の異常がないか確認していきます。
定期健診の期間は担当歯科医師・担当歯科衛生士と患者様で決定されます。

移植後に考えられるトラブル

移植をしても必ず歯が定着してくれるわけではありません。
歯根膜の再生が十分でなかったり、骨が炎症を起こしてしまい、移植された歯が脱落してしまう可能性があります。
また、1度定着した歯も長期間使用していく中で、歯根が溶けて短くなってしまったり、骨と癒着してしまうことがあります。
平均的な移植成功率は60%前後、生存期間は10年ほどです。

治療に際して高い技術と治療後のメンテナンスが大変重要な治療になります。
治療前に担当歯科医師・歯科衛生士から治療内容や口腔状態について説明を聞いていただき、内容をしっかり理解して、治療のご選択をしてください。