しんみ歯科石神井台

しんみ歯科

診療案内

Medical guidance

外科的歯内療法Surgical endodontic treatment

通常の根の治療を行っても症状が改善されない場合、歯の状態によっては、残念ながら抜歯をしなければならないことがあります。

根の治療に通い続けることは根気がいることです。
一生懸命通って、やっと終わったと思ったのに症状が良くならない…
先生に相談すると抜歯の宣告を受けた、なんてことはありませんか?

当院では、抜歯の可能性が高い歯に対して外科的歯内療法による保存をご提案しています。
外科的歯内療法には、歯根端切除や再植という方法があります。

簡単にご説明すると、歯根端切除とは、お口の中で悪い部分を取り除く方法、再植とは、一度歯を抜き、お口の外で悪い部分を取り除く方法です。

歯根端切除術
(しこんたんせつじょじゅつ)
Apicoectomy

感染してしまっている部分をお口の中で切除する処置

感染してしまっている部分をお口の中で切除する処置

通常の根管治療を行っても、残念ながら症状が改善せず、根の先に膿の袋や感染が残っている歯に行います。
また、再根管治療が必要な歯で、入っている修復物を外すのが難しい歯にも行います。

切除する部分は感染が残っている根の先端

切除する範囲は根の先大体1~2mmほどです。
取り除く範囲を全て(抜歯)ではなく、一部分にして、症状の改善を図る処置方法です。

適応症例

  • 神経処置を受けたけれど、症状が改善されず、膿の袋や感染が残っている歯
  • 歯の根っこの形が複雑で、神経処置を根の先までしっかりと行うことが難しい歯
  • 根の再治療が必要だけど、中に入っている修復物を外すのが難しく、通常の根の治療を行うのが困難な歯
  • 神経処置を行った際に、根の先に材料等が必要以上に残ってしまっていて、除去が必要な歯
  • 根の先が割れてしまっている歯

一般的には、根っこの本数が1つの歯(前歯や小臼歯など、1~5番目の歯)に行うことが多いです。
(下の4、5番目の歯のそばは神経が通っているため適応されない場合があります。)
(小臼歯より奥の歯に関しては、治療の際に奥の方で見えにくいので、再植という処置方法を適応することが多いです。)

適応外症例

  • 重度の歯周病により、歯の周りの組織が著しく失われてしまっている歯
  • 病巣を取り除くと、根の長さが許容範囲を越えて短くなってしまう歯
  • 上の顎にある空洞(上顎洞)に近接している歯
  • 下の顎を走行している神経(下顎神経)に近接してしまっている歯

処置時間

歯の状態にもよりますが、麻酔をしてから、大体1時間です。
処置自体は1時間ですが、処置を受けた当日はなるべく安静にお過ごしください。

成功率

歯根端切除術の成功率は、その歯の状態にもよりますがおよそ8~9割です。
適応となれば、成功率から見ても、有効な治療法と言えます。
ただ、神経を取ってしまっている歯なので、健康な歯に比べると寿命は縮まってしまっています。

当院で行う歯根端切除術は自費診療で行っております。

歯根端切除術/治療の流れ(術式)

歯根端切除術1
1麻酔をして、歯肉を切開します。

膿の袋が出来ている部分の歯肉を切り開きます。

歯根端切除術2
2感染してしまっている部分を掻き出します

膿の袋を取り、感染物質をスプーンのような道具を使って掻き出していきます。

歯根端切除術3
3歯の根元を数ミリ切り取ります

歯の状態にもよりますが、切除する部分は、1~2mm程です。

歯根端切除術4
4根の方からお薬を詰め、根の先端を封鎖します

この時に使用するお薬は歯の再生や封鎖性、殺菌性に特化したMTAセメントです。

歯根端切除術5
5歯肉を縫います

1~3ヶ月程は経過観察を行います。

術後の注意点(体験談も含みます)

処置当日

歯根端切除術の処置をした当日は、麻酔が切れるまでご飲食はお控えください。
熱さを感じにくくなっているので火傷してしまったり、頬や舌を噛んでしまっても麻痺していて気づかないため、後日口内炎のような傷ができてしまっていることがあります。
(もし、麻酔が切れていないときにご飲食をされる場合は、上記のことに十分お気をつけください。)

血圧が上がる行動はなるべくお控えください。(スポーツ、長時間の入浴、アルコール摂取など)
処置した場所から出血してしまったり、予後が悪くなってしまう可能性があります。

処置翌日以降

処置後およそ1週間は、歯肉の腫れ、お痛みが生じやすいです。
これらの症状は、歯肉を切ったり、中を掻き出したりしている後なので、出現しても驚かず様子を見てください。
大体2~3週間ほどで軽減されてくる患者様が多いです。

その後も、処置をした部分を触ったりすると軽いお痛みを感じることがありますが、これらの症状も時間の経過と共に軽減・消失してきます。
症状の出方は、病巣が大きかった歯の方が強く出る傾向があります。
しかし、病巣が大きかった歯の術後の症状も、大体5日程で緩和されていく患者様が多いです。

歯根端切除術の料金のご案内

歯根端切除術…100,000円(税込)

※当院で行う歯根端切除術は自費診療(保険適用外)となります。

再植(さいしょく)Replantation

歯を抜き、悪い部分を取り除いて、元の場所に戻す処置

再植

再植とは、問題がある歯を意図的に一度抜き、お口の外でその原因を取り除いてから元の場所に再び戻す処置です。
意図的再植術(いとてきさいしょくじゅつ)とも呼ばれています。

適応症例

  • 根管治療後も、根の先に膿の袋や感染が残ってしまっている歯
  • 歯根端切除術を行うには部位的に難しい歯
    (一般的には、上下7番目の歯が難しいと言われています)
  • 再植を行うときに歯の戻す位置を改善したい歯
  • 歯の根の形態が、湾曲していたりせず、単純である歯
    (歯の周りの組織を壊さず、傷つけず抜く必要があるからです)

適応外症例

  • 重度の歯周病により、歯の周りの組織が著しく失われてしまっている歯
  • 根の形態が複雑な歯
  • 処置に耐えられるだけの根の長さがない歯(根が短い歯)
  • 上の顎にある空洞(上顎洞)に近接している歯
  • 下の顎を走行している神経(下顎神経)に近接してしまっている歯
  • 前歯は歯を支えている周りの組織が後退してしまう(下がってしまう)ため、一般的には適応されません。(前歯は歯根端切除術を適応することが多いです。)

成功率

その歯の状態にもよりますが、成功率は8~9割です。
歯根端切除術と同様に適応となれば有効な治療法と言えます。

処置時間

処置時間は歯の状態にもよりますが、麻酔をしてから、大体1時間程度です。
処置自体は1時間ですが、当日は麻酔や外科処置を行っているので、アルコールや運動を控えていただくなど、気をつけていただきたいことは何点かあります。

当院で行う再植は、自費診療で行っております。

再植/治療の流れ(術式)

再植/治療の流れ
1麻酔をして問題がある歯を抜きます。

歯や、歯の周りの組織を傷つけないよう慎重に抜きます。

再植/治療の流れ
2感染物質を取り除きます。

抜いた歯は、根の中をきれいにしてお薬を詰めます。
この時に使用するお薬は、抗菌作用、封鎖性等に特化したMTAセメントです。
歯が埋まっていた穴の中は、悪くなってしまっている組織をスプーンのような器具を使って掻き出します。

根の治療を、お口の外で行うので、より確実な治療を行える反面、歯の周りの組織が再びお口の中に戻したときに機能するよう、短時間での処置が求められます。

再植/治療の流れ
3歯を元の場所に戻します。

きれいにしたら、埋まっていた場所に歯を戻し、糸や、針金のような装置で固定します。

術後の注意点

処置当日

歯根端切除術の処置をした当日は、麻酔が切れるまでご飲食はお控えください。
熱さを感じにくくなっているので火傷してしまったり、頬や舌を噛んでしまっても麻痺していて気づかないため、後日口内炎のような傷ができてしまっていることがあります。
(もし、麻酔が切れていないときにご飲食をされる場合は、上記のことに十分お気をつけください。)

血圧が上がる行動はなるべくお控えください。(スポーツ、長時間の入浴、アルコール摂取など)
処置した場所から出血してしまったり、予後が悪くなってしまう可能性があります。
また、処置をした歯は安静にしてあげることが重要なので、舌で触ったり、固いものを噛んだりすることは控えてください。

処置翌日以降

処置後およそ1週間は、歯肉の腫れ、お痛みが生じやすいです。
これらの症状は、1度歯を抜いて戻し、縫っている後なので、出現しても驚かず様子を見てください。
時間の経過と共に軽減していきます。

その後も、処置をした部分を触ったりすると軽いお痛みを感じることがありますが、これらの症状も時間の経過と共に軽減・消失してきます。

予後が良ければ、1~2ヵ月ほどで固定している材料や装置を外せます。

処置後、大体3~4ヵ月ほどで顎の骨ができてきて、レントゲン上でも透過像が消えてくることが多いです。その頃には、極端に固い物でなければ問題なく噛めるようになります。

再植という処置は、予後が良好か、症状が出ていないか長期に渡って経過観察をしていく必要があります。その際にはレントゲン撮影をすることがあります。

再植の料金のご案内

再植…110,000円(税込)

※当院で行う再植は自費診療(保険適用外)となります。

再植の1番のメリット体に害が少ないこと

害が少ない理由、それはご自身の歯を戻すからです。

大体の処置では、削って失った部分を補うために、金属等で修復をしますが、体にとっては異物であり、材質によっては金属アレルギーなどの反応が出てしまうこともあります。
被せ物を決めるときには、それが体に害があるのか、ないのか、という点で選択することもとても大切ですね。

再植の処置で、お口の中に入れる(戻す)ものは、ご自身の歯なので、異物とみなして排除しようとしたり、アレルギー反応を起こす心配もほとんどありません。
神経を取ってしまっている点や、一度意図的に抜いている点では、他の健康な歯と比べると、寿命は短くなってしまっていますが、
「この歯はもう使えません。」
と言われてしまった歯がまた使えるようになるこの処置方法を知っておいて損することはないと思います。