初診WEB予約について

WEB予約が可能な診療内容は
【クリーニング】または【定期検診】です。

上記以外の診療内容は、
電話にてご予約をお願いいたします。

電話

03-6279-7410

10:00~19:00(土曜日は18:00まで。日・祝日は除く。)

W
E
B
→ →

大きな修復物が歯に与えるダメージ【神経を取った歯に行う修復治療】

歯の内部にある歯髄を取り、根管治療を行ったあとは、治療を行った部分に修復物を装着する必要があります。

そのままにしてしまうと中に再び感染をしてしまうためです。

根管治療後は、根管(歯髄が入っていた部分)の先端部に材料を緊密に詰めます。

その後、材料の上に支台(根管に立てる芯)を装着します。

最後に歯冠(歯の頭部分)に被せ物を装着します。

患者様の抜去歯牙を分割したお写真です。

青い部分が支台、赤い部分が歯冠修復物です。

内部に大きな金属が入っていることや、歯を削っている範囲が大きいことが分かります。

歯を削る範囲が大きくなればなるほど、歯にかかるダメージは大きくなります。

歯を生涯長く機能させるためには、虫歯にならないこと、根管治療が必要にならないことが大切です。