初診WEB予約について

WEB予約が可能な診療内容は
【クリーニング】または【定期検診】です。

上記以外の診療内容は、
電話にてご予約をお願いいたします。

電話

03-6279-7410

10:00~19:00(土・日曜日は18:00まで。祝日は除く。)

W
E
B
→ →

TREATMENT

根管治療(歯根の治療)

INTRODUCTION

治療の成功率が約6割に下がる根管治療。その繰り返しにより抜歯となるリスクも高まるため、まず神経を残す治療を試みます。根管治療が必要な場合は、レーザーを用いた根管治療で歯の保存に努めます。 感染が骨の内部にまで進行している場合は、歯を残しながら感染部をとり除く外科治療も併せて行います。

  • 根管治療(歯根の治療)とは

    歯の神経をとり除く治療(抜髄)や、神経をとり除いた根の周囲に膿が溜まった場合に行う治療(感染根管治療)を根管治療といいます。

  • 根管治療のリスク

    • 歯を通して、細菌がいる口の中と
      無菌状態の体の中がつながってしまう。
      神経の出入り口

      根管治療の際、歯の内部を守るエナメル質、象牙質を削ってしまう(髄腔開拡)。また歯根先端には根尖孔と呼ばれる神経の出入り口があるので、髄腔開拡すると口の細菌が歯の中を通り、根尖孔から体の内部に侵入してしまい、心筋梗塞やアレルギーなど全身に影響します。

      低い治療成功率
      歯根内部

      歯根内部は細く、形状も複雑なため、その治療の成功率は約6割とあまり高くありません。また精巧にできた高価な修復物をはめても、根に症状があると、修復物を外した上での再治療が必要となります。その治療を繰り返すほど歯の内部は薄く、もろくなり、抜歯に至る確率が高くなります。

      当院では歯の寿命を延ばすため、根管治療を避けるMTAセメントによる歯髄保存療法を推奨しています。
      残念ながら根管治療が必要になった場合には、歯根内を無菌にするためのレーザーによる根管治療と、再感染を起こさないセラミック/PGAによる修復治療を推奨しています。

  • 歯髄保存療法のフロー

    • 01

      虫歯治療

      虫歯に感染した歯質を徹底的に取り除く。

    • 02

      覆髄(歯髄を保護する)

      保険治療 成功率5割

      水酸化カルシウム製剤にて歯髄露出部を保護する。

      MTA歯髄保存療法 成功率9割

      MTAセメントにて歯髄露出部を保護する。

    • 03

      確実な修復

      範囲に応じた詰め物/被せ物で修復する。

  • 根管治療のフロー

    • 01

      根管拡大・形成・消毒(歯根内部をきれいにする)

      根管拡大・形成・消毒
      保険治療

      手指による歯根内部の切削・薬液消毒

      レーザー根管治療

      電動による歯根内部の最小限の切削・薬液消毒・レーザーによる殺菌

    • 02

      根管充填(空洞になった歯根内部を封鎖する)

      根管充填
      保険治療

      ガッタパーチャ(樹脂)で封鎖。収縮するため、歯根内部に隙間ができる。

      レーザー根管治療

      MTAセメントで封鎖。膨張するため、歯根内部が緊密に封鎖される。

      レーザー根管治療

      歯根周囲の黒い部分が白くなっています。歯槽骨の再生が確認できます。

  • 外科的根管治療

    歯根周囲の骨にまで及んだ病巣を外科的に取り除きます。病巣の出来ている場所や、歯の種類により適応する手術が異なります(当院では自費治療のみとなります)。

    歯根端切除術

    歯が埋まっている状態で、歯根先端を付着する病巣と共に摘出する手術

    再植術

    歯を抜歯して、口腔外で歯根先端を切除し、抜歯窩より病巣摘出後、再び歯を埋めなおす手術

NEXT

OUR STAFF

→ →